約1年前、本誌は「鈴木敏文の破壊と創造」という特集を組み、セブン帝国の強さの全貌を描きました。私の最大の関心は、カリスマとして君臨している鈴木氏がいかにスムーズにバトンタッチするかであり、小欄でもどう継承していくのか目が離せないと書いた記憶があります。図らずも1年たたずして創業家を巻き込んだお家騒動が勃発、巨大流通帝国が揺らいでいます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。