作家が書くと知識が乏しい。ビジネス人が書くと面白くない。物語仕立てのビジネス書は本当に難しいのですが、この人はうまい。『そうだ、星を売ろう』は、あの『100円コーラ』シリーズの著者の最新刊で、「日本でいちばん星がきれいな村」長野県阿智村での地域再生の取り組みに材を取った経営戦略物語。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。