「今年の中国経済は良いスタートを切った。ファンダメンタルズは依然弱く、低迷の圧力は存在するが、経済が安定的な方向に向かう要素は増えている」4月11日、全国の政府責任者を招集して開いた座談会の席で、李克強首相が昨今の情勢をこう評価した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。