しなの鉄道坂城駅から車で5分ほど走った長野県坂城町。右手に学校を見下ろしながら、急勾配で曲がりくねった狭い坂道を上っていくと、大きな門が現れ、広い敷地に日本家屋が立ち並ぶ。ここは、国内屈指の巨大流通グループ、セブン&アイ・ホールディングスの会長、鈴木敏文の実家である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。