不徳の致すところだ──。4月7日、長年にわたって日本最大の小売りグループのトップに君臨し続け、「カリスマ」と呼ばれた鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長は、そんな言葉を残して退任した。だが、退任劇には不可解なところが多く、真相はやぶの中だ。なぜ彼は退任したのか、そしてグループの今後は……。総力を挙げて真相に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。