長野県上田東高校(旧小県蚕業学校)の校門をくぐると、左手に立派な石碑が見えてくる。大きく「変化対応」の文字が刻まれたその石碑は、2012年に同校の創立120周年を祝して、卒業生であるセブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文が贈ったものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。