梅干しといえば「紀州南高梅」。その名前はみなべ町の高校名に由来する。明治時代にみなべ町で梅畑を保有していた高田貞楠氏が、果実の粒が大きい梅を見つけて栽培を始めた。「高田梅」と呼ばれていたが、1950年ごろから5年間、優良品種の調査と普及に尽力したのが竹中勝太郎氏。彼が教諭として在籍していたのが南部高校だったため、「南高梅」と名付けられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。