「パナマ文書」を暴露した「南ドイツ新聞」(SZ。本社ミュンヘン)の調査報道は、オフショア・ペーパーカンパニーを持つ世界中の富裕層と金融機関を震撼させた。SZは、パナマの法律事務所モサック・フォンセカ(MF)が、富裕層のために英領バージン諸島、パナマ、セーシェルなどの租税回避地(タックスヘイブン)に開設した約21万社のペーパーカンパニーに関する情報を入手。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。