いわゆる「パナマ文書」と呼ばれる機密文書が、世界の名だたるトップリーダーの足元を直撃している。すでにアイスランドの首相、グンロイグソンは辞任に追い込まれており、なお影響は拡大、拡散の気配だ。パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」はタックスヘイブン(租税回避地)を利用した資産隠しの手助けをしていたとされ、事の発端はその保管記録が流出したことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。