医療保険の競争が激化し、保障内容の差別化が難しくなる中、「次の勝負どころ」(外資系生保幹部)と目されているのが、引受基準緩和型の医療保険だ。持病など健康不安を抱える人向けに、加入条件の間口を広げたこの商品は、高齢化が進む昨今、注目が高まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。