イザというときに助けてくれるはずの自動車保険だが、こと10万円程度の事故の際には非常に使い勝手が悪い。というのも、長らく損保の売り上げの半分を占める自動車保険は、赤字基調が続いており、収支改善の妙手として、「事故あり等級」制度を導入したからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。