春眠暁を覚えずとはよく言ったもので、春になると朝方眠気を感じるのは、日の出が早くなることに体がついていかないからだ。ところが、冬眠する生物は、啓蟄を過ぎれば季節の変化を感じて起きてくる。さらに、SFの世界では、宇宙飛行士が遠い惑星まで行くために、人工的に冬眠状態にされる。こんなことが実現できるのだろうか?

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。