生命保険業界を震撼させた、金融庁による保険の手数料率の開示要請。本誌が2016年2月13日号で報じた通り、銀行や証券会社の窓口で販売している一時払いの外貨建て保険や、変額年金保険など「特定保険商品」について、高額な販売手数料を目当てに偏った販売をしているのではないかと、当局が問題視したものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。