飲料の王者、日本コカ・コーラが追い詰められている。昨年はJT子会社の争奪戦に敗れ、シェアでもサントリーが肉薄。が、苦境の真因は競合の攻勢ではない。米国型資本主義モデルで築かれた独自のフランチャイズシステムの限界に直面しているのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。