「サラリーマン1万人アンケート」で退職後に必要なお金の額を聞いたところ、平均値が2989万円となった。しかし、「3000万円という数字に根拠があるわけではない。もっと多くの資金が必要になる可能性もある」と野尻所長は指摘する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。