大原悦子著『フードバンクという挑戦』を読むと、ラベルの印字ミスや規格に合わないなどの理由から大量に生まれる食品ロスを、困窮する人々に分配するフードバンク活動の重要性が分かる。〈日本のフードバンクは、どちらかと言えば「もったいない」、つまり食品ロス削減の立場からスタートすることが多かった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。