「大政奉還」は前進か、それとも後退か──。準大手ゼネコンの前田建設工業の社長に、専務だった前田操治氏(48歳。写真)が4月1日付で就任した。前任の小原好一会長(66歳)が非創業家から初めて社長に就任して以来、7年ぶりの創業家出身社長となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。