最も多い年には、1年間で65回も神輿を担いだという葛城達也さん(仮名、東京・文京区在住)は、いわば神輿の“担ぎ屋”。町会の先輩に誘われて八重垣神社(千葉・匝瑳市)の大祭に参加したのがきっかけとなり、神輿に魅せられて地元の神輿同好会に所属した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。