一般の方々から見た「数学」には、「問題の解き方を考えるもの」というイメージがあるかもしれない。それはあながち間違いではない。和算の最も有名な学者である関孝和の主著『発微算法』は15個の数学の問題に対する解答集という体裁であり、古代エジプトの数学書として有名な「アーメス・パピルス」も84個の数学の問題とその解答を記したものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。