入院が長期化していた日本郵政の西室泰三社長の退任に伴い、問題となっていた傘下のゆうちょ銀行の社長人事がようやく決着した。社長に就任したのは、東日本大震災事業者再生支援機構の社長を務めた池田憲人氏(68歳。写真)。横浜銀行出身で、2003年に経営破綻した足利銀行の頭取に就任し、再建の道筋を付けた。12年からは機構社長に転じ、被災事業者の経営再建を後押しした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。