経済環境が変化する中で、日本型雇用慣行がその重要性を低下させていることが随所で指摘されている。特定の年齢で見た平均勤続年数は若い世代の方が短くなっているし、賃金カーブも若い世代の方が平たんになってきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。