恐竜絶滅の原因が隕石の衝突だったとの説を耳にした読者は多いだろう。今日それは、定説となっている。約6500万年前、米テキサス州ほどの大きさの隕石がユカタン半島付近に衝突し、陸地に大火災を引き起こした。噴き上げた粉塵が太陽光線を遮断し、熱帯ですら氷点下近い低温になった。隕石やマグマが放出した硫黄が酸性雨となって全地球に降り注ぐ。全生物種の実に75%が絶滅したという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。