話題のディズニーアニメ「アーロと少年」を見た。弱虫の恐竜と人間の心が通じ合うシーンに、思わずほっこりさせられた。この映画は、もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅しなかったならば、という大胆な設定だ。実際には恐竜は6550万年前に絶滅している。大量絶滅の原因を探る研究は、地球史をひもとく地球科学の“華”の分野である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。