政府は、2016年3月4日、仮想通貨を規制するための資金決済法などの改正案を閣議決定した。今国会に改正案を提出し、法案成立を目指す。主要な内容は次の通り。仮想通貨取引所の登録制の導入(監督官庁は金融庁)。監査法人や公認会計士の定期監査の義務付け。顧客の資産と自己資産を分ける「分別管理」のルール導入。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。