アプローチでピンにピタリと寄せるには、パットと同じような感覚で「距離感」を合わせる必要があります。とりわけ大事なのが、ボールがグリーン上に落下してからの転がり(ラン)です。せっかくうまく打ったのに、予想以上にボールが転がってしまったり、止まったりしてしまったことがありませんか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。