英国南部にあるストーンヘンジ遺跡は、円環状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁から成る。直立巨石は紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたものだが、土塁と堀は紀元前3100年ごろまでさかのぼると考えられている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。