私は『世渡り 万(よろづ)の智慧袋』で、江戸時代の人のお金と仕事観を伝えたかった。『森林の江戸学』は、日本が森林崩壊の危機にあった江戸時代に、育林に転じたことがわかる本である。経済とは何の関係もないが『股間若衆』とは何とも気になる題名だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。