海外フィリピン人労働者(OFW)の約2割超の出稼ぎ先である中東地域では、原油価格の下落を受け、石油関連企業や建設企業等がコストカットのための雇用削減に乗り出すと報じられている。これにより、OFWが大量解雇され、国内に回帰せざるを得なくなるとの懸念が広がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。