パッチワーク的な制度改正を繰り返してきた現行の保健医療制度が限界に近づいている。こうした現状を踏まえて、塩崎恭久大臣の指示の下、厚生労働省は「保健医療2035」策定懇談会を設置し、昨年6月に提言書を公表した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。