関西はお好み焼き、たこ焼きといった“粉もん”文化の中心だ。しかし、人口当たりのお好み焼き店の数を見ると、大阪市をしのぐのが広島市だ。広島風のお好み焼きは、大阪風のように生地と具を混ぜ合わせるのではなく、薄くクレープ状に敷いた生地の上に、キャベツなどの野菜、豚肉、中華麺などを重ね、卵でサンドする重ね焼きスタイルだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。