77万年前の時代の名前が「千葉時代(チバニアン)」になるかもしれない。というのも、この時代を示す地層が市原市の養老川沿いにあり、世界中の地質学者に注目されているのだ。もし、この地層が「国際標準模式地」(地質学上の世界的な基準地)として定められれば、時代の名前に「千葉」が採用されることになるのだ。ちなみにアンモナイトや大形恐竜が繁栄したジュラ紀は、この時代の地層が広がる欧州の「ジュラ山脈」から名付けられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。