「ザッ」「ビャッ」「ベリッ」。中堅化学メーカー、クレハのとある商品の開発現場からは、こんな妙な音が日常的に聞こえてくる。商品の正体は「NEWクレラップ」。旭化成の「サランラップ」と並ぶ家庭用ラップの二大巨頭で、売り上げ本数は年間1億本強。ラップの市場シェア(家庭用)の約35%を握り、今年、発売57年目を迎えるロングセラー商品である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。