人間の脳ではつかみ切れない大量のデータを駆使して、新しい経済予測のモデルを作れないだろうか──。2月9日、国立情報学研究所(NII)と、資産運用会社である三井住友アセットマネジメント(SMAM)は、研究センターの共同設置を発表。一流の研究者たちが、資産運用の現場で働くファンドマネジャーらと議論を交わしながら、これまでにないデータ分析に挑むのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。