「マイナス金利は銀行の死をもたらす」という議論が、ヨーロッパのマイナス金利に関連して、しばらく前からあった。日本でも、同じ問題が発生する可能性がある。銀行がマイナス金利に伴うコスト増を預金金利引き下げなどの形で利用者に転嫁すれば、利用者の「銀行離れ」が起きるからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。