少子化が急速に進む中でも、学習塾は毎年5万カ所を超える事業所数をキープし、その中で「大手塾対大手塾」、または「大手塾対中小塾」といった壮絶な戦いを繰り広げている。その結果、戦いに敗れて消えていく塾の数は、年間数千にも上るとされ、まさに、「食うか食われるかの戦い」といったありさまだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。