所得に対する消費税の負担率は、低所得者ほど高くなる傾向がある。この「逆進性」に対処するため、政府の増税提案では「給付付き税額控除」を行う。納税者には所得税額から一定額を控除し、控除し切れない人や所得税を納めていない人には給付金を支払う方式である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。