近年、理系の成績優秀層が「最難関大学を突破する」というステータスを求め、医学部を目指す傾向にある。その結果、医学部の倍率も難易度も高くなり、今や私立医学部の難易度は下位グループでも、「早慶理系学部」に余裕で合格できる学力が必要というのが実情だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。