爪先上がりからのショットが左に大きく曲がってしまい、トラブルになったことはありませんか。この傾斜の特徴は、足元よりボール位置の方が高く、スウィングが通常より横振りになることです。フェースローテーション(開閉)も大きくなり、ボールがつかまりやすくなる半面、左に曲がるミスも出やすい。この点を理解して、グリーンを攻めていきましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。