ほんの10~15年前まで財務的にも輝いていたとされる大手総合アパレルメーカーが、苦境に立たされている。主力の中間価格帯の商品市場に逆風が吹くなど、環境が激変。変化に対応し、調整してきたはずなのに、そのビジネスモデルにほつれが生じている。市場が縮小する中、各社は構造改革の正念場を迎えている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。