今月は何といっても、トム・ヒレンブラント『ドローンランド』にとどめを刺す。読み始めたらやめられない面白さだ。無数のドローンによって全てがデータ化された超管理社会が舞台。米国は没落し、ブラジルやEU(欧州連合)などが新しいエネルギーをめぐって覇権を争っている近未来で、欧州議会議員の死体が発見され、ユーロポールの主任警部ヴェスターホイゼンが捜査を始めていく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。