間もなく「人事の季節」。若い人ではなく40~50代のベテランにこそかみしめてほしい仕事論の好著が相次いでいます。ソニーの経営を10年間担った出井さんの『変わり続ける』は、副題にもある「リポジショニング」がキーワード。人生にはたくさんの岐路がある。それを「二者択一ではなく、新たな仕事の価値観を見つけ、育てる好機と捉えよう」と言います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。