左足下がりの傾斜は、ダフりやすく、クリーンヒットしてもボールが高く上がらないため、苦手にしている人が多いのではないでしょうか。この傾斜の難しさは、ボールの後ろ側(飛球線後方)の地面が高いこと。テークバックでもインパクトでも、その高い地面がスウィングの邪魔になり、通常のインサイド・イン軌道ではクラブヘッドが突っ掛かってしまいます。これがダフりのミスを招くわけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。