2016年1月16日、米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、中国の6カ国は、イランが“核合意”に基づき核開発計画を縮小したことで、経済制裁の解除に踏み切った。これで、米国を気にして動けなかった外国企業もイランへの再進出ができるようになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。