「かかあ天下─ぐんまの絹物語─」として、2015年に桐生織物記念館など12件の施設が日本遺産に認定された。群馬県の名物を意味する「かかあ天下と空っ風」という言葉は、明治時代に栄えた絹産業が女性に依存する部分が多かったことに由来する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。