平安時代末期、平氏の流れをくむ平重継が武蔵国江戸郷を所領として自ら江戸四郎重継と名乗り、江戸湾を望む桜田郷に居城を築いたのが江戸の発祥だ。江戸氏衰亡の後を受け継いだのが太田道灌で、徳川家康の江戸開府までは、江戸は日比谷入江近くの鄙びた漁村だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。