店内の強い香水の匂いや、踊って接客する店員が特徴である米国のアパレル、アバクロンビー&フィッチ。2009年12月の銀座店オープン時には約700人が行列をつくるなど話題を呼んだが、最近では、ビルの賃料をめぐって深刻なトラブルを抱えている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。