昨年8~9月の人民元ショックから10~11月に株価がリバウンドしたときと同じように、人民元相場が小康状態に転じれば、(1)ECB(欧州中央銀行)の追加緩和期待、(2)日本銀行の追加緩和期待、(3)準公的年金やゆうちょ銀行・かんぽ生命保険、国内銀行勢の買いなどにより、日本株は3月に向けていったんリバウンドしよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。