2016年度予算案の税収は57.6兆円と、1990年度当初予算の58兆円に次ぐ規模になった。消費税率8%引き上げ分の6.3兆円を除くと、51.3兆円となり、08年9月のリーマンショック以前の水準にまで回復する計算だ。景気回復による課税所得の回復や、消費税率引き上げが、税収増につながった。税収面では、ようやく世界金融危機の傷が癒えたといえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。