ソクラテスは、「無知の知」を唱え、無知の自覚の大切さを説きました。知識があるほど的確に判断できると誰もが思いますが、既知への執着で判断を誤る“知のパラドックス”が生じます。複雑で不確実さが増す現代では、知のパラドックスのリスクは高まり、最優秀な頭脳が集まるウォール街でもリーマンショックを予測できませんでした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。