ユニークな社風の数々で知られるサイボウズの社長で、「イクメン」(積極的に育児を楽しむ男性)社長を実践したり、「夫婦別姓」を容認する論陣を張ったりと、何かとビジネス界に話題を提供してくれる青野慶久氏による近著が『チームのことだけ、考えた。』である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。